【本物の美白化粧品でシミ対策】
美白のための化粧品はどのようにしてえらんでいますか?美白のための化粧品選びは結構間違った選び方をしている方も少なくありません。化粧品のパッケージが白色だったり、「ホワイト○○○」という商品名に惑わされて勘違いして選んでしまう人がいます。

いかにも美白効果のありそうなイメージの化粧品だったとしても、実は美白成分が全く入っていない場合があります。ですので美白化粧品を選ぶときは必ず美白成分がしっかりはいごうされているもの選ぶようにしましょう!

【主な美白成分】
医薬部外品に配合されている美白成分
ビタミンC誘導体
アルブチン
コウジ酸
エラグ酸
ルシノール
リノール酸
カモミラET
m-トラネキサム酸
4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
エナジーシグナルAMP
マグノリグナン
プラセンタエキス
D-メラノ
ロドデノール
TXC

医薬部外品以外に配合されている成分
油溶性甘草エキス(グラブリジン)
ハイドロキシン

どの成分が良いのかわからず、何を選んでいいか検討がつかない人は「医薬部外品」を選びましょう。医薬部外品とは、医薬品と化粧品の間に位置し、厚生労働省が美白に対する効能効果を認めた成分を配合したものになります。ですので医薬部外品の美白化粧品であれば、必ず美白成分が配合されているので「シミ、そばかすに効く」と効果を謳うことができるのです。

ただし、これはあくまで目安であって必ずしも医薬部外品の方がいいというわけではありません。医薬部外品でない化粧品でも美白成分をしっかり配合している化粧品ももちろんたくさん存在します。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »