約に立つ美容と健康について書いていきます!美容と健康対策のおすすめ商品とは?
【ビタミンC誘導体とは?】 ビタミンCはそのままでは肌に吸収されずらいという特徴があります。それをリン酸型ビタミンCなど、ビタミンCを肌の奥に浸透しやすくした成分です。抗酸化作用に優れており、シミやニキビの炎症を抑制。皮脂抑制作用、コラーゲンの合成の促進、毛
【アルブチンとは?】 ツツジ科スノキ属の常緑小低木「コケモモ」から抽出された成分。メラミン色素に働きかけるチロシナーゼを抑制する作用がある。
【コウジ酸とは?】 発酵食品であるみそや醤油といったコウジ菌由来の成分。メラニン色素に働きかけるチロシナーゼを抑制する効果がある。美白成分として有効。
【エラグ酸とは?】 苺から抽出される成分。メラニン色素に作用するチロシナーゼを抑制する美白作用がある。
【ルシノールとは?効能、効果は?】 ルシノールとは、北米のもみの木に含有されている成分を参考にして作られた成分。メラミン色素に作用するチロシナーゼ抑制作用がある。ルシノールの科学名は「4-n-ブチルレゾルシノール」。美白成分として有効。
【リノール酸とは?効能効果は?】 植物油のサフラワー(紅花)油から抽出され、メラニン色素に働きかけるチロシナーゼを抑制してくれる効果がある。美白成分として有効。
【カモミラETとは?】 ハーブのカモミールに含まれる成分。抗炎症作用の働きがある。
【m-トラネキサム酸とは?効能効果は?】 抗炎症剤として使用されていたトラネキサム酸を、美白成分として有効なものにしたもの。
【4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)】 慢性的な肌のターンオーバー(新陳代謝)の不調に着目して開発された成分。角化を正常にするために働く他に、メラミンの抑制作用もあります。美白成分として有効。
【エナジーシグナルAMP】 シミ、そばかすなどの根本的な原因に、皮膚細胞のエネルギー代謝の低下が関係していることに着目して開発された美白成分。
<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 次ページ >>