抗酸化力のある食品を食べてエイジングケアして肌の老化を阻止しましょう!!


美容と健康のために、意識してたべて欲しいのが抗酸化物質を含んだ食品です。

肌にとって大敵である活性酸素は、体内の細胞や組織を損傷させ、結果、シミやシワなどのエイジングの原因に なってしまします。それを防ぐことができるのが抗酸化物質なのです。

もともと人体には抗酸力が備わっているのですが加齢とともにその力はだんだん衰えてきます。しかし、食品や化粧品で抗酸化物質の配合されているものを選べば、それを防ぐことが可能です。

では抗酸化物質の代表的なものがなにがあるのかというと・・・ビタミン類です。その中でも特にビタミンA・C・Eの3つが抗酸化力に優れています。ですのでこのことをビタミンACE(エース)と言ったりもします。

【ビタミンA】
ビタミンAは、主にレバーなどに含まれています。また、ニンジンなどのβ-カロテンも体内ではビタミンAに変わります。特徴は油性ですので、油と一緒に摂取するほうが吸収率が良くなります。

【ビタミンC】
ビタミンCといえば美容に良いという事は有名ですね。美白効果やコラーゲンの合成を手助けしてくれるわけですが、実は抗酸化力にも大変優れていて、老化全般を予防してくれる強い味方なのです。ビタミンCは果物や野菜に多く含まれています。特にレンコンやカリフラワーの多く含まれています。果物は身体を冷やし、等質も多いですので果物だけでなく野菜もバランスよく摂取するようにしましょう。

【ビタミンE】
ビタミンEも油性ビタミンになります。アボガド・胚芽・かぼちゃなどに特に多く含まれています。

【ポリフェノール】
最近では、植物に含まれているポリフェノールが注目されています。これは、光合成によってできる植物の色素や苦味成分で、5000種類以上発見されています。有名なところでいうと緑茶に入っているカテキンや大豆に入っているイソフラボン、胡麻の成分のリグナンなどがあります。どれも強力な抗酸化力があり、細胞を修復する働きがあります。

【色素カロテノイド】
天然の色素カロテノイドも抗酸化力に大変優れているので覚えておきましょう。にんじんやほうれん草に含まれるβ-カロテンもこの一種です。他には、鮭やエビの赤い色素であるアスタキサンチン、トマトのリコピンもあります。


上記のように抗酸化物質といわれているものがたくさんあるんです。しかし、それぞれもたらしてくれる効果もさまざま。

一つの食品をひたすら食べ続けるよりはいろいな組合せで取り入れてあげるほうがおすすめです。

ここで一つ注意しないといけないのが食べ物によっては逆に活性酸素を増やすものもあります。


例えば、調理後、時間が経って酸化した油脂類は、活性酸素を増やす原因になります。ですので、古い油を料理に使ったり、揚げ物を作りおきしておくのは止めましょう。
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »