【シワ(ほうれい線)・たるみを予防改善する方法】
肌は大きく分けると表皮・真皮・皮下組織の3つの組織に分かれます。表皮の一番上にあるのが角層で厚さは約0.02mmほどのとても薄い層です。外からの刺激から肌を守り、肌内部の水分の蒸発を防いでいます。表皮の役割は潤いを保つこと。たっぷりの水分で肌を潤わせ、肌の代謝を行っています。真皮は肌細胞の70%を占め、その中に存在するコラーゲン・エラスチンが肌のハリと弾力を保ってくれています。そして、最も肌の奥にあるのが皮下組織です。これは皮下脂肪と筋肉から構成されています。この筋肉がいわゆる表情筋にあたり、喜怒哀楽の表情を作り出したり、表皮・真皮を支える働きもしています。肌のたるみは、表皮の新陳代謝が悪くなったり、真皮に存在するコラーゲンの減少、表情筋の衰えなどが原因として上げられます。ですので若々しい美しい肌を手に入れるためには正しいスキンケアで肌の状態を正常にし、エクササイズなどで表情筋を鍛えることが大切になってきます。

【シワ(ほうれい線)・たるみを予防改善①】
ターンオーバーを促進させる
肌に刺激になるような洗顔を繰り返したり、乾燥肌などはこのターンオーバー(肌の生まれ変わりのこと、肌の新陳代謝とも言う)が衰えてしまい、角質が硬くなり、肌がゴワゴワして肌が老化してしまいます。角層が不安定になると肌の潤いがなくなり、しわ(法令線)やくすみ等ができやすくなります。対策としては肌に優しい洗顔石鹸で刺激を与えずに余分な汚れを落とし、ヒト型セラミド配合美容液で保湿させることでターンオーバーを促進させることができます。

【シワ(ほうれい線)・たるみを予防改善②】
肌の内側の血行促進
肌細胞内が血行不良になると肌細胞に栄養がしっかり運ばれなくなってしまい、肌のスムーズな生まれ変わりかわりが行われなくなり、あらゆる肌トラブルを引き起こします。また、血流やリンパの流れが悪い肌は、細胞内の老廃物や余分な水分がたまってしまうので、皮下脂肪を溜めやすくなり、その重さに耐えられなくなり、むくみや肌荒れの原因を引き起こしてしまいます。対策としては、表情筋のエクササイズなどで皮下組織の筋肉を鍛えて血流やリンパの流れを良くしてあげましょう。

【シワ(ほうれい線)・たるみを予防改善③】
コラーゲンの新陳代謝を促進
真皮にあるコラーゲンは自ら新陳代謝を行い古いものから新しいものに常に生まれ変わっています。しかし、紫外線などの影響で活性酸素が増加してしまうと、コラーゲンの新陳代謝が鈍くなり、古いコラーゲンばかりになり、肌のハリや弾力がなくなります。また、表皮を支えられなくなり、シワ(ほうれい線)やたるみができやすくなります。更に活性酸素は糖化と深く関わり、コラーゲントラブルを更に悪化させてしまいます。対策としては活性酸素を減少させるために抗酸化作用のあるAPPS配合化粧水やサプリメントを取り入れていきましょう。

【シワ(ほうれい線)・たるみを予防改善④】
表情筋を鍛える
しわ、たるみの原因はコラーゲンだけではありません。表情筋が衰えてしまい、肌を支えきらずにたるんでしまうのです。丈夫な皮下組織は表情筋が皮下脂肪を支え、肌を持ち上げる働きをしています。しかし、表情筋が衰え、皮下脂肪を支えきれなくなると、重力に負けてしまい肌がたるんでしまうのです。対策としては、エクササイズなどで表情筋を鍛え、ぴんと張った上向きの肌にしてあげましょう。

【関連記事】
しわが出来る原因と予防対策
シワは左右に差が出るのはなぜですか?
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »