しわ・たるみのケアはコラーゲンが重要になります。

「シワは乾燥でできる」と思っている人が多いようですが、実は違います。
ごく浅いちりめんじわは、乾燥でできるもので、保湿をしっかりすれば消える、お風呂あがりにはきえているなどの特徴があります。

保湿しても消えないシワは乾燥によるシワではなく、コラーゲンの減少が原因なのです!

真皮にはコラーゲンの繊維が張り巡らされています。それをエラスチンの繊維がつなぎ合わせて弾力を保っています。コラーゲンもエラスチンも、真皮にある繊維芽細胞でつくられますが、加齢によってつくられていく量は減っていきます。

真皮のコラーゲンが減り、さらに弾力を失うと皮膚は髪のように薄く硬くなります。それによって表情で折りたたまれたところにシワが残るのです。

たるみも根本原因がシワと同じです。

真皮をキープしていた繊維が減少し、ネットワークが崩れると、皮膚全体が垂れ下がってきます。
目元の弾力がなくなり、眼球のまわりの脂肪を支えられなくなると、涙袋のたるみになるのです。

ほほの厚いしぼうを支える皮脂や皮下組織がたるむと、頬の位置が下がってきて、口元にほうれい線が出来てしまいます。フェイスラインの皮膚がたるむと二重あごの原因になります。

同時にマリオネットラインやゴルゴ線もたるみによってできるものです。

シワもたるみもコラーゲンを増やしていくことが大切です!!
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »